子供がかかりやすい蕁麻疹の原因と対策はどうすれば?

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

たまにお風呂に入ったときに痒みがあって

確認して見ると皮膚が赤く膨らんでいること

って経験ないでしょうか?

 

蕁麻疹っていう病気なんですよね。

 

汗疹と違い、いつ発症したのか分からない

くらいに体中に広がっていき全身痒みで眠れない

子供さんも居るかと思います。

 

今回はこの蕁麻疹について原因と事前に防げる

対策はあるのか?書いていこうと思いますので

興味がありましたら最後まで読んで下さいね。

 

 

子供がかかりやすい蕁麻疹とは?

 

そもそも蕁麻疹というのが何なのか?

ここから知っていないといけませんよね。

 

皮膚の中に存在している「マスト細胞」と呼ばれる

中から「ヒスタミン」という化学物質が漏れて体内に

ある血管を刺激して赤く膨らむのが蕁麻疹と言われて

いるそうです。

 

そもそも何故このような事が起きるのか?

 

誰もが1番気になるところですよね~。

次にその原因を書いていきたいと思います。

 

子供が蕁麻疹になりやすい原因とは?

 

現在も蕁麻疹を誘因させるのが解明されて

いないらしいです。

 

しかしながら以下の内容で蕁麻疹になった

事例はあるそうです。

・食品アレルギー

そば・エビ・カニ・果物などのアレルギーで発症。

サバなどの青魚などでヒスタミンを摂取した場合。

 

・物理的刺激

皮膚の擦れや寒冷や温熱などの外部からの影響。

ダニ・花粉などのハウスダストでも発症事例有り。

 

・日常の発汗で刺激

入浴や運動での発汗でも皮膚を刺激する場合。

 

・その他

他人からの感染症や疲労やストレスから発症。

 

これだけ見たら実際にどれが蕁麻疹を誘因している

のか分からなくなりますよね。

 

食べ物からのアレルギーが原因での蕁麻疹などは

体内の化学物質と因子が合っていないから発症したと

なんとなく分かる感じがしますが。。

 

私も経験がある入浴中に、いきなり体が赤いブツブツ

だらけになることは正直予測不能なんですよね、、

 

別に汗をかいているわけでもなかったのに何故に

体中が蕁麻疹になったのか?本当に原因不明な病気

ですよね。

 

ただ理解出来るのは蕁麻疹が発症した時点で体にとって

マイナス要因なことが起きたという合図だというのは

分かります。

 

蕁麻疹になってしまったことは仕方ないことですが

実際にどれくらいで完治するものなのか?

次に書いていこうと思います。

 

 

蕁麻疹とは、どれくらいで完治するのか?

 

実際に蕁麻疹とは急性と慢性の2種類存在している

そうです。

 

・急性蕁麻疹

蕁麻疹が発症してから数時間以内に体から赤い斑点

が消える状態を表します。

 

・慢性蕁麻疹

蕁麻疹が発症してから1ヶ月過ぎても全然赤い斑点が

消えることもなく最悪な場合は体中にどんどん広がって

いくこともある。

 

大半の方は急性蕁麻疹で痒みも若干ありますが数時間

以内に体から赤い斑点が消えている場合が多いと言われて

おります。

 

正確にいうと漏れたヒスタミンが正常な状態になって

押し上げた血管が元に戻ったという意味にもなります。

 

しかしながら慢性蕁麻疹になった場合は小児科などの

病院や皮膚科などに連れて行き、発症する前の食べ物や

普段のライフスタイルが原因で長引く場合もあります。

 

そして蕁麻疹で面倒なのが痒みがあるので無意識のうちに

搔いてしまい範囲が広がってしまうことなのです。

 

特に小さい子供さんは皮膚が柔らかいので蕁麻疹が広がって

いき最悪なケースが皮膚が凝固して跡が残る場合もあります。

 

1週間程様子を見て蕁麻疹が治らない場合には小児科や皮膚科

に連れて行って対策をとった方が良いと思います。

 

実際に蕁麻疹になる前に対策をしたいところですが

どうすれば良いのか?

次に書いていきたいと思います。

 

 

子供が蕁麻疹になりにく状態にする対策とは?

 

一概にどれが正解というのが存在しないのですが

最低限の対策は家庭でも出来ると思います。

・食事アレルギーが分かったら絶対に摂取させない。

・汗かきな子供さんだったら、小まめに服や下着を着替えさせる。

・家庭でのストレスを与える環境を作らないことが大事。

・ハウスダストも影響があるので部屋の掃除(特に冬など)。

 

仮に知らないでアレルギー性の食べ物を与えてしまい

蕁麻疹になってしまったら今後は気を付けるだけです。

 

何かが原因で蕁麻疹が発生してしまうので少しでも抑える

ことが子供さんにとっても幸せな生活を過ごせると思います

のでママ・パパは気に掛けて下さいね。

 

まとめ

今回は子供さんが、なりやすい蕁麻疹について書いた

記事になりましたが如何だったでしょうか?

・蕁麻疹は体にとってマイナス要因が起きて発症する。

・事前に対策をとれば少しでも抑止出来ることが分かる。

・1週間程経過しても完治しない場合は迷わず小児科か皮膚科へ。

・蕁麻疹は体にとって悪い合図なので、けして悪因ではない。

 

子供さんで蕁麻疹が発症した時には、事前に何を食べさせて

いたか?何をさせていたか?焦らず思い出すのも凄く大事な

ことなので参考にされて下さいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w