熱中症と脱水症状対策 子供が居る家庭で注意するポイント?

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

真夏に向かっていくシーズン前に気になる

のが熱中症や脱水症状ではないでしょうか?

 

しかも子供さんが居ればなおさらな話しですよね?

私も3人子供が居ますが毎年気になるキーワードでも

あるんですよね~。

 

いきなり子供が具合が悪くなる前に事前に対策を

していたら大丈夫と思う時もあるのが本音ですよね?

 

今回はそんな気になる熱中症や脱水症状の対策を

事前に知る為に書いていこうと思いますので興味が

ありましたら最後まで読んで下さいね。

 

 

子供がかかりやすい熱中症や脱水症状とは?

 

子供が特にかかりやすい熱中症や脱水症状の意味を

知っておかないといけないのが大前提ですよね。

・熱中症→体温が上昇して体温調節機能が失われ意識を失う

・脱水症状→字のごとく体に保有している水分が許容範囲を

下回り体調を崩してしまう。

 

ぱっと文字だけ見たら、対策も簡単だな~と思いがちですが

実はそうじゃないんですよね。

 

2つの症状とも、発症してしまった時点で大変なことになる。

 

なので対策をいち早く覚えておくのが大事になってきます。

次は1つずつ症状についてと対策を書いていきます。

 

子供が熱中症になりやすい状態とは?

 

この画像を見ながら説明をしますと

真夏になると地面から出てくる暖気(外気温)は

身長が低くなればなるほど体に与える影響も大きいです。

 

よく動物とかが暑さに参って日陰に寝転がっている

光景もあるのは、この影響もあるからです。

 

小さい子供さんなんかは、動物よりは身長は高いかも

しれませんが大人と比べて暖気の影響が多いです。

 

小さい子供さんなどは体温管理がまだ成長段階で難しい

年齢もあるので帽子などで上からの暑さ対策をしていても

実際には下からの暑さ対策を知らない場合に熱中症にかかる

場合もあるということですね。

 

 

子供が脱水症状にかかりやすい状態とは?

 

ぱっと字だけ見ると真夏日になった時に

水分補給がしっかり出来ていないから脱水症状と

思われがちですが。。

 

正確にいうと暑さで体内のバランスを管理している

栄養分が失われ、吐き気や眩暈などを起こしてしまうと

いう油断できないのが脱水症状なのです。

 

ありがちなのがクーラーでしっかり暑さ対策をして

いたのに脱水症状にかかったケースなども散見されます。

 

なぜそのようなことになるのか?対策を知っておかないと

疑問に感じてしまうんですよね~。

 

次は2つの症状に対して対策を書いていきたいと

思います。

 

 

子供を守る、熱中症対策はどうすれば良いのか?

 

子供の熱中症対策で気にしないといけないのは

とにかく汗をかいたことにより体温バランスが

自分では調整出来ないというのを覚えておくのが大事です。

 

ママ・パパは子供さんの顔色を見ながら

こまめな水分補給をさせるのが大事ですが普通の

水を飲ませるだけではダメということですね。

 

暑さで汗から失われる栄養分がナトリウム成分だということです。

 

ナトリウム成分?って思いますが分かり易くいうと

塩分ってことですね。

 

スポーツドリンクでしたらアクエリアスやポカリスゥエット

などがナトリウム成分が含まれているので間違いないのですが

 

麦茶だけを持参してしまった場合などは塩分を含んだ飴や

食事をする時に塩分を使った、おにぎりなどでも全然大丈夫です。

 

あとは暑さが体内のどこで1番集中して溜まるかを把握

するのが大事ですね。

 

風邪を惹いた時にも参考になるのですが基本的に太ももの

つけ根や脇の下、そして首の後ろなどが1番暑さが溜まり易い

場所とも言われております。

 

子供さんがどうしても運動活発で遊ばれるときは薬局とかで

売っている首に付ける冷やしシートなども購入して貼って

あげれば熱中症対策にもなりますので参考にして下さいね。


この商品はかなりオススメです。

私の嫁が外周りの仕事で使ってますが

子供さんにも持ってこい商品です。

 

 

子供さんの脱水症状対策はどうすれば良いのか?

 

冒頭でも書きましたが、ただ水分が失われて脱水症状

になったわけではありません。

 

体のバランスを保つ成分であるナトリウムなどが低下

して体調を崩してしまうというケースが多いのですが

暑さだけが原因ではないということですね。

 

クーラーが効き過ぎた部屋でずっと過ごしたりすると

小まめな水分補給をするという信号が送られてこず

気付いたら脱水症状になっている場合もあります。

 

大の大人でも1日に摂取する水分は平均2ℓとも言われてます。

 

涼しい部屋でずっと居た部屋から真夏日の外に出た場合に

十分な水分補給をされていない状態であれば、すぐに脱水症状

になる可能性も高いということですね。

 

子供さんもですが人は適度な汗をかいて適度な水分補給を

して体のバランスを保つという機能を持っておりますが

最近は外に出て運動をしながら汗をかくという習慣も低下

しているのが現状だと思います。

 

運動もしていないのに真夏日に脱水症状を起こす原因とは

寒過ぎる部屋に居続けることが体のバランスを崩してしまい

適度な汗をかくことも出来ず水分補給も摂取するタイミングも

ずれてしまうというのが最近の傾向ではないでしょうか?

 

熱中症対策に対して涼しい部屋にずっと居続けるのも実は

体にとってはマイナス要因になってしまい脱水症状にもなりがちな

環境になってしまうので扇風機などを使った昔ながらの家庭環境も

実は大事なんだな~感じてしまいました。

 

暑さで汗をかいた時には塩分などの飴を食べさせたりナトリウムを

含んだ飲料水などを購入して飲ませてあげるのが脱水症状を防ぐ近道

なのですが、けして涼しい部屋に居るのが正しい選択ではないという

ことだけは覚えて欲しいところであります。

 

まとめ

今回は子供が熱中症や脱水症状になる前の対策を書いた

記事になりましたが如何だったでしょうか?

熱中症は小さい子供ほど体温上昇が凄いことが分かった。

・体に溜まり易い場所に対しグッズを使用して対策をする。

・水分補給もだが塩分をしっかり摂取することが大事。

・涼しい部屋に居続けるのは意外と体のバランスを崩す場合がある。

 

昔はエアコンが無かった時代は扇風機で過ごした時代も

ありましたが地球の温暖化で少しずつ時代が変わってきたの

も現状ですが、適度な汗をかいて適度な水分補給をしっかりして

体調管理をしっかりしていきたいところですよね~。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w