新生児 赤ちゃんのミルクの量はどれくらい?飲み過ぎた場合の対処

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

産まれたばかりの赤ちゃんに初めて

ミルクを作る時ってワクワクもあり

ますが実際ミルクの量とか、どれくらい

飲ませたら良いのか疑問に思う人も

居るのではないでしょうか?

 

今回はその疑問を解決すべく新生児や

赤ちゃんのミルクの量や飲み過ぎてしまった

時の対処法などを書いていこうと思いますので

興味がありましたら最後まで読んで下さいね。

 

 

 

 

新生児(赤ちゃん)に飲ませるミルクの量と1日の回数は?

 

新生児の時期(生誕してから28日未満)は経過日数に

応じて与えるミルクの1回分の量が変化していきます。

 

経過日数に応じてミルクの量は増えていきますが

1回飲ませた後は大体ですが3時間くらい空けるのが

最適だと言われてます。

 

1日の回数は空ける時間で計算すると8回くらいが

ちょうど良いと思いますがミルクって母乳と比べると

腹持ちが良いので泣いてるからと言って間隔を短くして

ミルクを与えると、お腹がミルクでいっぱいになり

吐き出してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

ここで疑問に思うのがミルクの分量はどれくらい?

ってところなんですよねw

 

実際に生後1週間くらいになるとミルクの量は

大体ですが60mlくらいになります。

ただ大体の人がまだ母乳を飲ませているママさん

が多いと思います。

一応計算式もあったので参考に載せておきます。

計算式 10ml+(生後日数×10ml)=ミルクの量

 

生後2週間くらいになると無事に退院をしている頃に

なり自宅での育児に入ると思います。ミルクの量は

1回あたり80mlから多くて100ml程度が無難でしょう。

 

ここからさらに成長を重ねていき4週間くらいになったら

120mlのミルクを与えても大丈夫だと思います。

 

次に気になる質問を書いていこうと思います。

 

 

 

 

新生児(赤ちゃん)の母乳とミルクを混合した時の目安と回数

先程書いたのは母乳があげれない状況での話

だったので母乳とミルクを混合した場合の

ミルクの量と回数はどうなるのか?という疑問

ですね。

 

これに関してはまず母乳は個人差が出てくるので

赤ちゃんの体重を測ってから目安を決めた方が

良いでしょう。

赤ちゃん用のベビースケールを使用すると簡単に

赤ちゃんの体重を測れるから便利ですよ^^

 

完全母乳や混合で不安になった時は赤ちゃんの

おしっこやウンチの回数で判断も出来ます。

 

新生児の場合は24時間に色の薄いおしっこを6回

以上しているか又は3回~5回以上のウンチをしていれば

母乳やミルクの混合が出来ているという合図になります。

 

ここで質問が出てくるのが何故混合にしないと

いけないのか?

答えは母乳には赤ちゃんの免疫を付けてあげる

成分が入っており母乳を与え過ぎると母体である

ママの栄養が失われていく恐れもあるのでミルク

との混合にしてあげた方が、お互いに体のバランス

を保てるということになります。

 

新生児(赤ちゃん)がミルクを飲み過ぎた時の合図はある?

 

赤ちゃんは発育具合によって大きさが様々なので適正なミルクの分量

というのは正直難しいところなんですよね。

ここでミルクの量が足り過ぎている場合と足りていない場合の

赤ちゃんの行動について書いていこうと思います。

 

ミルクの量が足り過ぎている場合

・自分でゲップが出来ないので数回ミルクを吐く

・ミルクを飲ませていたらダラダラとこぼす

・お腹が膨れ過ぎてしまって機嫌が悪くなって泣く

・便秘や下痢をしてしまう

 

逆に上記に該当しない場合で急に泣き出したり

した場合は、お腹が空き過ぎて機嫌が悪い場合なので

母乳やミルクを作ってあげて飲ませた方が良いです。

 

新生児(赤ちゃん)がミルクをたくさん飲む仕草があった時は?

 

母乳やミルクを与え終わった後に、赤ちゃんが飲み足りないと

口をちゅぱちゅぱさせる時があります。

 

初めての赤ちゃんだと、ついつい追加でミルクを作ったりして

与えがちになりますが赤ちゃんといっても腹8分という意味で

適量を与えないと先程書いた、急に吐いたりして大変ですね。

 

それでも急に泣いたりしてしまう場合は、おしゃぶりを吸わせて

あげたりして慣れさせてあげるのもママの大事な役割だと思います。

 

それでも泣きやまない場合は抱っこしてあげて歩きながら赤ちゃんを

あやしてあげたりすると落ち着いて眠りについたりします。

あとは、おくるみなどを使って「おひな巻き」をすれば母体の中に

居た感覚になって落ち着くこともあるのでオススメですよ^^

こんな感じですw

 

新生児(赤ちゃん)が泣く原因はミルク以外でもある

 

初めての赤ちゃんが急に泣いたりすると、ついついお腹が空いて

いると思うのですが、それ以外でも泣いたりする場合もあります。

・眠いけど、うまく寝付けない

・抱っこして欲しい

・オシッコでオムツが濡れて気持ち悪い

・暑いもしくは寒い

・ミルクを飲み過ぎてゲップがしたい

・肌がかゆいけど自分で対応ができない

・精神的に寂しくなって不安を感じた

 

特にありがちなパターンとしてはミルクを飲んだ

後の赤ちゃんが泣き出す場合が多いので上記の事を

覚えていれば慌てずに対応がしやすいですよ^^

 

ただ個人的に注意しないといけないのが夏は汗を

かきやすいので汗もとかで痒くなってしまう時が

大変だという事でしょうか?

コマメにチェックするのがオススメです。

 

まとめ

今回は新生児(赤ちゃん)のミルクを飲ませる時の

分量や注意点と泣き出した時の対処法を書きましたが

如何だったでしょうか?

ママにとって初めての赤ちゃんは対応にすごく大変だと

思いますが、まずは温かい目で見守るのが大事な事だと

思います^^b

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w