メドベージェワとザギトワの女子シングルSPとFSどちらが勝つか?

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

フィギュアスケート女子シングルSPとFSで

優勝候補に挙がっているのが個人資格で

ロシアから出場しているメドベージェワと

同じくザギトワの2人だと予想では言われて

おりますね。

 

今回はその2人のことを知りたいと思って

書いていこうと思いますので興味がありましたら

最後まで読んで下さいね。

 

 

 

メドベージェワについて

 

名前:エフゲーニャ・メドベージェワ

生年月日:1999年11月19日(19歳)

出身地:モスクワ

身長:159cm

名前はエフゲーニャ・メドベージェワと

書かれたりエフゲニアとも書かれたりと

どっちが正しいかは不明です。

ただ馴染みある言い方だとメドベワが最近

多いんじゃないでしょうか?w

 

彼女を見ると連想されてくるのが間違いなく

羽生くんこと羽生結弦ではないでしょうか?

とにかく羽生くんが居たら近くに必ずメドベワ!

って感じで一緒に居ますねw

2人のツーショットですがお似合いですねw

そんな彼女ですが美少女アニメが大好きだと

話題に上がっているのも知ってますよね?

セーラームーンの主題歌を日本語で歌って

月に変わってお仕置きよ♪というお決まり

ポーズまでしますw

なんでセーラームーンなのかは不明ですが

こういうウケは狙えるからと教えたのが

なんと浅田真央だったとかw

ロシア人になんてことを教えるんだと(笑)

 

彼女のプライベートのことは書かれて

ないのですが実際にセーラームーン以外の

アニメとかも結構好きなのかな?と思ったり

たとえばプリキュアとかも好きかもしれないですw

 

メドベージェワのスケートで凄いところ

仮にアニメが好きな彼女でも氷上の上では

当然ながら女王としての顔に変わります。

ザキトワとの違いと言えば高い表現力が最大の

魅力とも言われているみたいですね。

 

特に観客を魅了する演技力というのがフィギュア

スケートでは評価が高いと言われているので

メドベージェワにとっては最大の武器になるのでは

ないでしょうか?

 

羽生くんと同じ昨年に足を怪我していても平昌の

ショートプログラムでは自身の記録を塗り替えると

いうのは演技力もですが表現力というのも加算されて

優勝をして女王という異名を持っているのだと思います。

 

 

 

ザギトワについて

名前:アリーナ・ザギトワ

生年月日:2002年5月18日(15歳)

出身地:イジェフスク

身長:156cm

15歳って日本でいったら今年高校1年生になる

くらいですかね?

メドベージェワより4歳年下の彼女が今年の1月に

モスクワであった欧州選手権でも優勝したことも

まだ記憶に新しいところでありますよね?

 

メドベージェワにとっては昨年怪我をしてからの

復帰戦になったのですがザギトワに負けたのは

平昌で自己新記録を塗り替えたキッカケにも

なったのではないかと思います。

年下に負けてたまるかみたいな気合?(笑)

 

ザギドワのスケートで凄いところ

 

彼女の演技は基礎点が1.1倍になる後半に

全てのジャンプをするという独特な構成を

持っているみたいですね。

 

なので前半は氷上を滑りながらジャンプ以外の

演技をするだけなので一部では批判も浴びて

ますが仕組みの中で彼女は演技をしているので

実際にはしょうがないですよね。

 

メリットは基礎点が高いので高得点が出せる

というのは分かりますがデメリットとしては

連続ジャンプをするので体力の問題と万が一

途中で失敗した時のリズム感を取り戻せるのか?

 

そして最大の課題になっている表現力というのも

演技に集中し過ぎて作りにくいというのが

あると思います。

 

表現力もメドベージェワ並にあれば最強の

スケート選手ってことになりかねないですが

なんせまだ年が15歳という伸びしろがある

ので今後が楽しみな選手ではありますね。

 

メドベージェワとザギトワはどちらが勝つのか?

画像は今年の欧州選手権になりますので

気にしないで下さいw

予想ではメドベージェワの総合的評価で

優勝すると言われておりますが

ザギトワも先程書いた表現力をカバーする

新しい演技を後半から披露したらポイントで

メドベージェワを上回るかもしれないです。

 

ただ懸念材料としてはオリンピックという

大舞台からのプレッシャーにザギトワが勝てる

のかどうかが個人的に気になるところ。

年齢的にまだ15歳という部分ではまだ

メドベージェワとは場数が足りない分

勝てないのではないかという予想もあります。

 

ただザギドワの凄いところはSPで失速しても

FSで巻き返しを図るタフな精神力があります。

今年の男子シングルFSでも米国のネイサン・チェン

みたいに巻き返しをしたケースもありますので

最終的はどちらが優勝してもおかしくないと思います。

 

まとめ

今回は女子フィギュアスケートSPとFSで

優勝候補に挙がっているメドベージェワと

ザギトワについて書いた記事になりましたが

如何だったでしょうか?

 

現在も同じコーチから教わっている2人なので

今後の成長も楽しみでフィギュアスケートを

盛り上げていってくれそうですね!

 

最後まで読んで下さってありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w