10円玉握り虐待を受けた5歳女児は栄養失調だった?

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

伊丹市であった5歳女児の虐待事件は本当に頭にきますよね。

10円玉を握りしめて近くのローソンに「おなかすいた」と

言って助けを求めたそうですが店員さんの機敏な判断力に

頭が上がりません。

5歳女児がなぜ3人姉妹の中で虐待にあっていたのか?

つま先が紫に色になっていた原因とは?

家族関係はうまくいってない?

などについて今回書いていこうと思います。

考察になりますが興味がありましたら

最後まで読んで頂けたらと思います。

 

 

 

今回なぜ5歳女児(次女)だけが虐待されていたのか?

 

 

家族構成でいくと祖母(47)・母親(26)・長女(6)・次女(5)・3女(4)が

ニュースで上がってましたが7人家族ということなので祖父や父親も一緒に

暮らしていた可能性もあります。祖母が47歳なので今回虐待をした母親を

21歳で産んでいて、その母親も20歳で長女を産んでおり若い時から子供が

居た生活をしていたことになりますね。

 

これは偏見になるかもしれませんが、長女(長男)は可愛がられ、次女は

年齢的にも色々な言葉も覚えてきて感情も出てくる時期でもあったと

思います。ストーブに腕や体を押し付けられたり包丁で顔を傷付けられる

被害者の身にも母親にも味合わせたいと思うのが、この記事を見られている

方がほとんど そう思われているんじゃないでしょうか?。

 

次女は祖母や母親に反抗的な態度をとっていたの可能性もありますね。

ストーブ以外でも他のところに体を押し付けられていたと予想しますが

病院で検査した時に体のアザとかを見れば大体分かってくると思いますが。

 

 

 

次女の足のつま先が紫色だったのは栄養失調?

 

 

これは考察になりますが、夕方4時頃に近くのコンビニに10円玉を

握って「おなかすいた」と言って助けを求めてますが、

虐待がエスカレートして食事も与えてもらう事も出来ず、

 

栄養失調による血行不循環でつま先が紫色になっていたと思います。

網状皮斑(リベドー)という症状で血行不良・栄養不足・冷えが原因とも

言われておりますが。本人の『おなかすいた』という証言からすると

栄養不足から血行不良になって細胞が一部危なかったという症状です。

血行不循環に陥ると かなり危険な状態らしいので次女は必死の思いので

コンビニに向かった結果が自分の命を救ったという事になりました。

 

ここまでこれを書いてて舞ちんも4歳の子供がおりますが

母親失格というか産んだなら一人前になるまで面倒を見なさいと言いたいです。

でもこういう親って何を言っても更正なんてしないと思いませんか?

 

家族関係がうまくいってなかったのも虐待の原因?

 

父親よ祖父の事が書かれていなかったのですが、もしかしたら

遠隔地などの仕事で中々家に戻って来ることが出来ず

祖母と母親のストレスが溜まった矛先が反抗的だった次女の態度が

気に入らなくてストレス発散にしていたのかもしれないです。

詳細は分かりませんが祖母と母親が共に次女に対して虐待をして

いたとなれば、性格ってやっぱり似る所もあるんだなと痛感します。

子供をないがしろにする性格は似なくて良かったんですけどね。

 

まとめ

今回は伊丹市であった5歳女児の虐待について

発生に繋がった理由などを考察として書いた記事になります。

毎年ニュースで上がる子供の虐待は本当に減少して欲しいです。

親としての責務をしっかり果たしてもらいたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w