Fate/stay night [Heaven’s Feel]セイバー

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪

 

10月14日に映画公開された劇場版 Fate/stay night [Heaven’s Feel]

第1章を見た人が感じた事は元々原作を知らないとストーリーが

よく分からないというコメントがありました。

今回の劇場版は原作のゲームでは個々の最終ルートで

それまでのキャラの行動を踏まえて黒幕と対決するストーリーになっています。

劇場版なのでグラフィックは綺麗になってますが、原作アニメの同じ話を見ないと

これまでの経緯がわからないので、かなりの部分がダイジェストに見えるかもしれないです。

という事で、まずはメインになるセイバーの紹介を原作に基づいて分かりやすくシンプルに

書いていこうと思います。

 

 

英霊セイバーについて

 

 

名前:セイバー(Saber)

身長/体重:154cm/42kg

スリーサイズ:B73 w53 H76

原作fate stay nightのメインヒロインの1人

 

真名はよく聞く伝説的英雄アーサー王でサーヴァントの中では

トップクラスの実力ですが衛宮士郎からの魔力供給が追いつかず

途中まで本来の力を解放出来ないのが残念です。ダメ士郎ですね!(笑)

ちなみに上の画像で青いオーラが出てますが、セイバーの剣は見えないです。

 

これはセイバーの宝具(ほうぐ)による風を操る力で実在する剣を相手に見せない

ようにして戦うスタイルですがズルいですよね?w

本来のメイン宝具となる聖剣エクスカリバーも持っていて、さすがはトップクラスの

サーヴァントというのが理解出来ます。

 

普段のセイバーについて

 

 

普段は凛とした華奢な少女という感じがしますが、

痩せの大食いが凄いです!これは真名でいくと

腹ペコ王!!(爆笑)

 

『士郎 お腹が空きました』毎朝発生するトーク。

お腹が空く理由は士郎の魔力供給が遅いからと言ってますが?

実際にどうなんでしょうね!

 

 

あと非常に負けず嫌いです。バッティングセンターでボールに

バットが当たらないのでエクスカリバーでボール真っ二つにしたと

いう伝説的な話しもありました。

英霊がマジになると怖いんですね(そういう問題でもないと思いますがw)

 


 

ギルガメッシュとの戦い

元々メインヒロインなので多数のサーヴァントと戦います。

ですが原作アニメで最終回付近でラスボスになるのが

 

 

世界最古の英雄王 ギルガメッシュ

彼は過去に戦った英霊の宝具を無数に出してくるので

実際にアニメ見れば分かりますが、セイバー以上に卑怯です!(笑)

これには勝てないかなと思わせておきながら。。

ダメ士郎が最後の最後でセイバーが昔所持していた第3の宝具を返して

ギルガメッシュを倒してしまいます。

なぜ士郎が第3の宝具を持っていたかは後日書きますねw

 

聖杯戦争の結末

 

 

ギルガメッシュを倒したので聖杯戦争での勝者はセイバーになりましたが

聖杯を自らのエクスカリバーで破壊してしまいます。

 

士郎も元々聖杯戦争自体に興味が無かったわけでもないですが、

聖杯の力を利用して過去を元に戻すということはしたくないと言っており

実際にセイバー自身も英霊として来た理由は士郎と同じく過去をやり直したい

という目的だったので、真っ直ぐな心を持つ士郎に対して『私はなんて弱いんだ』

と思ったそうです。そして聖杯戦争の役目を終えた彼女は士郎の前から消えていきます。

 

結果誰の手にも聖杯は渡らず終了したわけですね。

でも実際に今回の聖杯戦争は第5次になりますが、第3次聖杯戦争頃から聖杯は毒されて

いたという話もあるので実際に聖杯を飲まなくて良かったかもしれないですね。

 

まとめ

セイバーの紹介を原作に基づいて簡単に書かせて頂きました。

まだ原作アニメ見られてない方はセイバーの英霊の強さや魅力が

分かると思いますので是非見て下さいね♪全話見たら少なからずとも

現在公開中の劇場版と残り2章のストーリーが理解出来て楽しめると思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんちゃ^-^b 舞ちんです♪ 最近の話題になったことや子供に関する記事を 毎日書き続けておりますw ツイッターやFBなどでも配信をしておりますので フォロワーになって下さったら嬉しいです♪ なにげに記事を見て「舞ちん」というのを見つけたら 是非読んで下さいね!w